忍者ブログ
オフィス移転や賃貸借契約、賃貸事務所探しに関するポイントをオフィス移転アドバイザーがアドバイスします。『賃貸借契約書』、『オフィスレイアウト』、『移転計画立案』、『賃貸事務所探し』などプロの視点から見たチェックポイントをわかりやすく、実践的に使える情報を提供していきます。オフィス移転、賃貸事務所、貸事務所に関するご相談にも応じます。 お問合せ:株式会社サンエスコーポレーション オフィスサポーター事業部                         
[8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オフィス需要の高まりもあり、東京都心部では、ビルの規模やエリアを問わず市況の改善が続いています。大手オフィス仲介業の発表では『東京ビジネス地区の空室率は、約14年ぶりに3%を割り込んだ』とあり、数年来の借り手市場から明らかに貸し手市場に推移していることが読み取れます。そんな市場環境の中で、賃貸事務所探しのポイントを伝授します。

ポイント

1.スピード

『物件の内見(物件を見に行く)を早くする』 『対象物件に対して申込書を早く提出する』 『とにかく意思決定を早くする』、結論を引っ張っても、現在の市場から考えると条件が悪くなる事はあっても、良くなる事は無いので、結果的に損をすることになります。

2.優先順位

市場に物件が少なくなると今まで以上に100%満足できる物件がみつかることは稀です。そこで、希望条件の優先順位を明確に持つ事が必要になります。
場所や立地条件、賃貸料、面積(大きさ)、移転時期、ビルグレード、設備などさまざまな要素の中で、移転する目的を考え、解決すべき課題に対して、優先順位をつけて、賃貸事務所探しを進めていくことが必要になります。

目の付け所は、どの企業も似ている。やはり、人気のあるビルには、引合い(検討先)が殺到する。その中で、いかに自社の目的にあった事務所を押さえていくかが、これからの賃貸事務所探しには、ポイントになります。その為の最重要な要素が、スピードです。

貸事務所、賃貸事務所、オフィス移転のご相談は
サンエスコーポレーションにお気軽にご相談ください。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
プロフィール
HN:
大竹 真
年齢:
45
性別:
男性
誕生日:
1972/03/15
職業:
オフィス移転コーディネータ
自己紹介:
賃貸事務所仲介業務暦13年
宅地建物取引主任者・認定ファシリティマネジャー・オフィスセキュリティコーディネータとして、数多くの企業の移転をオフィス移転コーディネータとして、サポートしています。
最新コメント
[04/04 ハマタロウ]
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]