忍者ブログ
オフィス移転や賃貸借契約、賃貸事務所探しに関するポイントをオフィス移転アドバイザーがアドバイスします。『賃貸借契約書』、『オフィスレイアウト』、『移転計画立案』、『賃貸事務所探し』などプロの視点から見たチェックポイントをわかりやすく、実践的に使える情報を提供していきます。オフィス移転、賃貸事務所、貸事務所に関するご相談にも応じます。 お問合せ:株式会社サンエスコーポレーション オフィスサポーター事業部                         
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東京の貸事務所検索サイトの紹介

東京の貸事務所が千代田区、中央区、港区、渋谷区、新宿区など主要なビジネスエリアで簡単に検索できます!

豊富な物件情報を写真・区画図面からとことん選べる!それって楽しい!だから納得!!の貸事務所探し。東京の貸事務所検索サイト 貸事務所.com東京

貸事務所.com東京で気に入った物件を見つけましょう!

com
東京の貸事務所検索サイト







PR
オフィス内覧時のポイント

オフィス移転や新規事務所開設時に必ず物件資料などで興味を持った物件や候補物件を実際に見に行くと思いますが、その際に必ず見ていただきたいポイントを3つご紹介します。

1.立地条件

 駅からの距離はもちろん、周辺環境やロケーション、生活インフラ(銀行・郵便局・コンビニ・飲食店など)の利便性。来客者が多い場合は、わかりやすさや説明のしやすさも考慮すると良いと思います。

2.ビルそのもの

 ビルの外観そのもの、エントランスの大きさや入り易さ、隣近所のビルとの比較(隣のビルが綺麗すぎると霞んでしまう?!)何といってもやはり、管理の善し悪しを見ていただくと良いと思います。

3.室内

 室内に関しては、採光性や天井高、レイアウトをイメージしながら、形状などを見ながら、空調の位置や電灯のスイッチなどの使い勝手を確認しておくと、実際にレイアウトや内装工事をする際に役に立ちますし、何といっても実際に入居してからの満足感が違います。



オフィスビル契約面積

オフィスビルの契約面積には、2種類あります。

グロス契約・・・トイレや湯沸室、共用部の廊下などを契約面積に含んでいる契約を言います。

ネット契約・・・上記を含まない実質使用できる面積での契約を言います。

どちらがコスト的にお得でしょう!!

Aビル 30坪(ネット契約)賃料・共益費込み 15,000円/坪

Bビル 30坪(グロス契約 20%)賃料・共益費込み 13,000円/坪

同じ30坪なので、坪単価が安いBビルがお得な感じがします。実際総額では、Aビル45万、Bビル39万でBビルの方が安いです。しかし、実質オフィスとして使用できる面積で比較するとAビルは、ネット契約なので、単価15,000円、総額45万。一方、Bビルは、グロス20%のビルなので、30坪×20%=6坪。6坪分がオフィスとして使えない面積。30坪-6坪=24坪。Bビルのネット面積は、24坪になります。39万をネット面積24坪で割ると坪単価16,250円となります。

ネット面積で比較をすると

Aビル 30坪(ネット面積)賃料・共益費込み 15,000円/坪

Bビル 24坪(ネット面積)賃料・共益費込み 16,250円/坪

となり、Aビルの方が坪単価は安くなり、お得感があります。
また、30坪必要だとするとBビルは、狭い可能性もあります。

オフィスビルを検討する際は、表面的な数字だけではなく、ネット・グロスの関係から単価や面積を検討してみると良いでしょう。

設備充実貸事務所専門サイト 貸事務所.COM IT

オフィス移転を戦略的に!   戦略的オフィス移転サービス

お気軽にご相談ください。






貸事務所探しのコツ!!

1.要求条件を固め、優先順位を明確に!

2.貸事務所専門の業者に依頼し、営業担当者と会って話す!

3.一度に複数の物件を内覧し、比較する!

4.候補物件で、とりあえずレイアウトを入れて見る!

5.最初もしくは2回目に持ってくる物件がやはり、オススメ物件である!

基本的には、貸事務所専門の業者なら、どの業者に頼んでも物件は同じです。やはりやっぱり、営業担当者が使えるかどうかで物件探し~新事務所でのスタートまでの時間と労力、コストが変わってきます。
物件紹介だけでなく、物件が決まった後のことまで、ちゃんとフォローしてもらえる業者、営業担当者を選びましょう!

『移転ストーリー』で移転の流れを確認。 まことくんが教える移転ポイント

移転企業担当者の生の声 移転にまつわるエトセトラ

参考レイアウト 約19坪 10名  ダウンロード(pdf)

オフィス移転のご相談 オフィスエージェントに相談

新規設立・新規営業所開設など貸事務所探しからオフィス家具、什器などの手配まで
サンエスコーポレーションにお任せ下さい。





賃貸事務所探しのポイント
情報収集と業者選定が賃貸事務所探しのスタート!

1.情報収集

事務所物件を探す際に、まずは情報収集です。最近では、インターネットで『貸事務所』『賃貸事務所』『賃貸オフィス』などで検索するとオフィス仲介専門の会社が沢山出てきます。正直、どこも物件量としては、然程変わりはありません。何社か資料請求をしてみると実感いただけると思います。

2.業者選定

ポイント
①資料請求から手元に資料が届くまでのスピード
②営業パーソンのフットワーク
③営業パーソンの人柄と姿勢

①において、会社としての商売の姿勢が見える。②において、動きの良さは期待感を持たせてくれます。動きの悪い営業は、報・連・相も悪くトラブルの基です。
③人と人との関係ですので、いかに伝わるか、いかに汲み取るか、また、話しがしやすいなど、意思疎通が図れることが必要です。それと、営業に対する姿勢が大切です。市場環境は変わりつつあり、今までより借り手に不利な状況の中、出来る、出来ないをはっきり言わないような営業パーソンでは、最後に婆を引かされることになりますので、良く見極めて、業者を選定しましょう。


ブログ内検索
プロフィール
HN:
大竹 真
年齢:
45
性別:
男性
誕生日:
1972/03/15
職業:
オフィス移転コーディネータ
自己紹介:
賃貸事務所仲介業務暦13年
宅地建物取引主任者・認定ファシリティマネジャー・オフィスセキュリティコーディネータとして、数多くの企業の移転をオフィス移転コーディネータとして、サポートしています。
最新コメント
[04/04 ハマタロウ]
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]